「紙巻たばこ」と「電子たばこ」の仕組みと害について

みなさんは「たばこ」または「電子たばこ」は吸っていますか?

世界的に電子たばこが流行っています。日本でもiQOSやPlopmTECHが発売され、大人気となっています。

今「たばこ」の考え方が変わってきているのかもしれません。

昔は電車や飛行機の中でも喫煙可能でした。今では考えられない状況ですね。しかし昔はそれが当たり前でしたし、何もおかしいとは思わなかったんです。

ところが近年禁煙場所が増えたり、分煙化も進み喫煙者がたばこが吸える場所が限られてきています。

そんな時代の流れの中でたばこに対する考えが喫煙者も含めて変わってきました。

今回は「たばこ」と「電子たばこ」の仕組みの違いと害についてまとめてみました。

目次

紙たばこの仕組みと害について

b282297a96a88215aa68435889407a22

紙たばことは、一般的に出回っているたばこのことです。たばこと聞いて想像するそのたばこです。

たばこの葉をフィルター付きの紙で巻いたたばこです。喫煙器具を必要とせず、火さえあればいつでも吸えるたばこです。

紙たばこの仕組み

cigarette_grey_backgroung-key-svg

紙たばこは麻やパルプが原料となるシガレットペーパーでたばこの葉を巻いています。シガレットペーパーには燃焼速度をコントロールするために炭酸マグネシウムなどが加えられていることもあります。

たばこの葉には匂いを良くするためにココア、糖類、メンソール、バニラなどの香料が加えられています。

フィルターを巻いているチップペーパーと呼ばれる紙は小さな穴が空いており、吸ったときの空気の量やニコチン・タールを軽減したりする働きをしています。

紙たばこの害

紙たばこには大きく分けて3つの有害物質が含まれています。

各物質は人体に大きな影響を与えます。それぞれの物質について詳しく見ていきます。

①ニコチン

ニコチンはたばこへの依存性を高める物質として有名ですね。

ニコチンを摂取すると数秒で全身へ巡ります。喫煙者がたばこを吸うと落ち着くのはこのためですね。

ニコチンは青酸に匹敵するほどの強い毒性もあります。たばこを吸ってクラクラする人はニコチンによる急性中毒症状なので気をつけてください。

さらにニコチンは排出する際に腎臓に大きな負担がかかります。そのため腎臓病になるリスクを高めてしまいます。

②タール

タールとは喫煙者の歯を黄色くしたり、部屋の壁紙などを黄ばませる原因となっているものです。ヤニの正体がタールです。

タールは1つの物質ではなく、有害な物質の粒子が集まったものをタールと呼びます。

タールの中には多くの発がん性物質を含み、人体に悪影響を与えます。

③一酸化炭素

一酸化炭素はたばこを燃やす際に発生する物質で、慢性的な酸欠状態を引き起こします。

よく喫煙者が運動出来なくなったり、すぐに息が上がることがあります。これは一酸化炭素によって体内が常に酸欠状態にあるからです。

また、動脈硬化などのリスクが高まります。

電子たばこの仕組みと害について

frienbr

電子たばことは火を使わず、リキッドと呼ばれる香りのついた液体を熱して発生した蒸気を吸引するたばこです。

たばこの葉や火を使わないので、人体への影響がすくないです。

ニコチン入りのものと、ニコチンが入っていないものがあるので良く調べて買いましょう。

ちなみに日本で販売されているものは、薬事法によりニコチン入りのものは販売できません。

→リキッドの詳しい成分や害についてはこちら

電子たばこの仕組み

kumitate

電子タバコは通常バッテリー・コイル・チューブから成り立っています。

チューブの中に入っているリキッドと呼ばれる香り付きの液体をコイルで温めて蒸気を発生させます。

その蒸気を吸引することでたばこ感覚を味わうことができます。

iQOSやPloomTECHは基本電子たばこの構造ですが、たばこの葉を熱したりするので厳密には少し違う構造になります。

→電子タバコの種類と特徴について詳しくはこちら

電子たばこの害

電子たばこは人体への害がありません。

たばこの葉も火も使わないのでニコチン・タール・一酸化炭素などの有害物質は発生しません。

しかし、一部の電子たばこやiQOSやPloomTECHにはニコチンが含まれます。

まず、電子たばこで海外で販売されているリキッドの一部にはニコチン入りのものがあります。そのキリッドを使った場合ニコチンは摂取されます。

iQOSやPloomTECHは、火は使わないものの実際にたばこの葉を使っているのでニコチンのみ摂取されます。

→最新電子タバコランキング!

2021年下期"人気"電子たばこランキングTOP

売れ筋ランキング1位

ターレスプラス / TARLESS PLUS

  • クラウドファンディングで電子タバコ部門2019年日本一の支援金を獲得した最新モデル
  • ユーザーの声をもとに作られた欲しい機能が全部揃った電子タバコ
  • 簡単操作&メンテナンスフリーで、たばこカプセルも利用して手軽にニコチン摂取もできる優れもの
おすすめ度

5

コスパ

4

デザイン

5

メンテナンス

4.5

5

Totalスコア:23.5/25

好きなリキッドで楽しめる「リキッド注入タイプ」でありながら、電子タバコ初心者でも直感的に扱えるシンプル設計です。2つのモードを搭載しており、たばこカプセル(プルームテック・シリーズ)互換機としても使えるため、ニコチン入りリキッドを使わなくてもニコチン摂取も可能な次世代型電子タバコです


売れ筋ランキング2位

ドクターべイプ / DR. VAPE

  • シリーズ累計販売数1,000万本超えのメガヒット商品。
  • レディガガの衣装デザインを手掛ける二コラ・フォルミケッティがプロデュースしたことで話題に。
  • ホスト界の帝王ローランドも愛用している人気のお手軽VAPE
おすすめ度

4.5

コスパ

4

デザイン

5

メンテナンス

5

4

Totalスコア:22.5/25

キャンペーン限定で初回55%OFF!もっとも手軽な電子タバコで、ボタン操作もなくカートリッジを装着したら吸うだけの簡単操作。手間になるカートリッジの購入も定期的に届けてくれるサービスあり。一度購入すると辞めるまで補償が続く脅威の保証システムも人気の秘訣です。


売れ筋ランキング3位

エミリミニプラス / EMILI MINI+

  • 国内で大人気のEMILIシリーズでもっとも人気のロングラン商品
  • デバイス2本付、専用ケース付の豪華スターターキット。
  • リキッド補充タイプの元祖で、上部からリキッドを注入する仕組みなので液漏れも少ないのがポイント。
おすすめ度

4

コスパ

5

デザイン

5

メンテナンス

3

3.5

Totalスコア:20.5/25

リキッド補充タイプなので何百、何千とある豊富なフレーバーから好きなものを選んで吸うことが出来ます。デザインもスタイリッシュでオシャレ、ボタン操作のない簡単操作も魅力の1つ。ただし、コイルの交換、アトマイザーの洗浄などの作業があるので、上記2つに比べるとメンテナンスが大変な印象


コメント

コメントする

目次
閉じる