※この記事は2017年6月現在の情報です

iQOS(アイコス)に続き、PloomTECH(プルームテック)やglo(グロー)などの加熱式タバコが販売エリアを拡大し、さらに利用者が増えている電子タバコ。ニコチン0・タール0の電子タバコも人気が高まっており、タバコから乗り換える方も大勢います。

そんな中、電子タバコの使用方法や使用場所でのトラブルが増えています。電子タバコは手軽に吸える反面、非喫煙者からの反感も多くあるのが現実です。

そんな電子タバコですが、禁煙エリアでの使用や未成年の使用は可能なのか?本当に害はないのか?詳しく見ていきましょう!

電子タバコと加熱式タバコの違いについてはこちらをご覧ください→電子タバコの種類

実際に害はあるの?

一般的に電子タバコは害が少ない・害が無いと言われています。でも、実際に害があるのか、無いのかなんて分からずに使用している方も多くみられます。電子タバコや加熱式タバコはそもそも仕組みが違うので、自分が吸っている電子タバコの種類や仕組みを理解して使用するようにしましょう。

加熱式タバコの害について

加熱式タバコは、一般的にタバコの葉が使用されており、タバコの葉を熱することでニコチン・水蒸気を吸引する仕組みです。タバコの葉を熱するのでタールは僅かながら発生します。

通常のタバコと違い燃やすのではなく、熱するだけなのでタールや臭いは少ないです。口から吐き出されるものは煙ではなく水蒸気です。

以上のことから加熱式タバコはタールやニコチンなどの有害物質が含まれます。

電子タバコの害について

電子タバコは、一般的にリキッドと言われる香り付きの液体を熱して、発生した水蒸気を吸引する仕組みです。口から吐き出すもの水蒸気になります。タバコの葉は使用されていませんので、タールは発生しません。

そして、日本国内では薬事法によりニコチン入りのリキッドの販売は禁止されています。最近では第三者機関で調査をして、無害であることを証明して販売しているものも多くあります。

以上のことから国内で販売されているリキッドを使用した電子タバコは無害であると言えます。

電子タバコも全てが安全ではない?

実は、電子タバコに使われるリキッドの中にもニコチン入りのリキッドが存在します。それは、海外で販売されているリキッドです。

海外ではニコチン入りのリキッドの販売が認められており、日本からでも輸入代行業者などから購入することが簡単にできます。もちろん海外サイトから直接購入することも可能です。

以上のことから海外のニコチン入りリキッドを使用すれば、ニコチン入りの電子タバコを吸うことができます。

禁煙エリアでの使用は?

近年、飲食店や公共の場での使用でトラブルも続出しニュースでも話題となっている電子タバコの使用エリアについて。

結論から言うと、電子タバコの使用は各都道府県・市町村・自治体・店舗ごとなどに判断が分かれています。場所によっては罰金の制度もありますし、逆に電子タバコ吸引可を売りにしているお店もあります。

でも実際にはその場所ごとの決まりなんて分からないですよね。なので基本的には喫煙場所や使用が許可されている所で吸うことがマナーとなっています。

何故なら、側から見るとタバコを吸っているのか、電子タバコを吸っているのか、加熱式タバコを吸っているのかなんて判断できません。電子タバコの場合、ニコチン入りかどうかなんて見た目の判断はできません。トラブル回避や最低限のマナーとして喫煙エリアや許可された場所での使用をおすすめします。

妊婦や未成年の使用はできる?

電子タバコの利用で疑問になるのが妊婦や未成年の使用についてです。当サイトでも多くの疑問の声が寄せられたので情報をまとめました。

妊婦の使用について

喫煙者の妊婦さんは、妊娠中の禁煙がかなりストレスになります。また、タバコを吸っていない妊婦さんでも、旦那さんの副流煙が気になる方が多くいらっしゃいます。

では、加熱式タバコや電子タバコは妊婦さんでも使用して平気なのか?

加熱式タバコはニコチン・タールが発生することから答えは"NO"です。ニコチン・タールが発生するということは、通常のタバコを吸っているのと同じです。

電子タバコは上記でも記載した通り、無害のものと海外販売のニコチン入りのものがあります。ニコチン入りのものは絶対に使用してはいけません。日本で販売されている無害のものは良いのか?答えば"安全が完全に証明されているわけではない"です。

実際に電子タバコを販売しているメーカーでも妊婦の使用がお控え下さいとの注意事項があったりします。電子タバコはまだ歴史が浅いため、安全性が完全に証明しきれていないのです。

しかし、禁煙によるストレスをかかえ込むくらいなら電子タバコで気を安らげる方法を選択する方も大勢います。その場合、ニコチンが入っていないかしっかりチェックするようにしてください。

未成年の使用について

タバコとは全く別物の電子タバコは未成年でも使用して良いのか?

結論から言うと法律的に規制はされていません。

しかし、ニコチン・タールが含まれる加熱式タバコは購入できませんし、使用もできません。

ニコチンが入っていない電子タバコは未成年でも購入できるものもあります。しかし、商品の注意事項に未成年の使用はお控え下さいとの記載がされている商品が多いです。

電子タバコには海外のニコチン入りがあったり、周りから見てタバコなのか電子タバコなのか判断もしづらいです。そのため場合によっては補導されたり没収されることもあるみたいです。

まとめ

電子タバコ市場は急成長していますが、まだまだ日本では電子タバコに対する法や規制が追いついていないのが現状です。電子タバコや加熱式タバコの使用はマナーを守って使用していくしかありません。

おすすめ電子タバコランキング

DR.VAPE|ドクターベイプ
おすすめ度
コスパ
デザイン
メンテナンス
わずか1年で累計販売数100万本突破した話題の大人気電子タバコ!
公式通販限定で超お得なセットが登場!
世界的アーティストがデザインしたおしゃれな電子タバコ!
C-Tec|シーテック
おすすめ度
コスパ
デザイン
メンテナンス
累計販売数150万本突破の大人気電子タバコ!
Amazonレビュー87%以上が高評価
経済的なカートリッジ式で選べるフレーバーも続々追加!
LoaLes|ロアレス
おすすめ度
コスパ
デザイン
メンテナンス
女性に人気の新感覚“吸って楽しむアロマスティック”
ロアレスでしか味わえない高クオリティのアロマフレーバーは絶品!
気分に合わせてアロマでリフレッシュ!
VITAFUL|ビタフル
おすすめ度
コスパ
デザイン
メンテナンス
日本製でコスパに優れた電子タバコ!
ニコチン・タール・PGフリーの電子タバコ!
シンプルなデザインで男性にも女性にも大人気!
myblu|マイブルー
おすすめ度
コスパ
デザイン
メンテナンス
フレーバーの味をしっかりと味わえる簡易ベイプ!
ワンタッチで交換できるマグネット式カートリッジ採用
スタイリッシュデザインでプライベートでもビジネスシーンでも!
初回驚愕の5,000円OFF!

公式通販だけのプレミア価格

スターターキット5,000円OFF、カートリッジ1,000円OFFで購入できるプレミアムプランが登場。
永久保証も付いているので初めての方でも安心。

あなたにオススメの記事