【レビュー】FLEVO(フレヴォ)の使い方とコスパ!最安値で購入する方法は?

スターターキットが格安で人気のあるカートリッジ式電子タバコが「FLEVO(フレヴォ)」です。

そんなFLEVOの性能、使い方、コスパ、実際に吸ってみたレビューなどをまとめました。

気になる内容がありましたら、チェックしてみてください!

目次

FLEVO(フレヴォ)とは

flevoのスターターキット


FLEVO(フレヴォ)とは、DMMが販売するのカートリッジ式電子タバコで、スターターキット1,058円と低価格で販売されている人気の電子タバコです。

DMMはFLEVOをなぜこんなに安い価格で販売できるのかというと、使い捨て電子タバコはカートリッジとバッテリーが一体型で、バッテリー自体も捨ててしまうので高値となっていました。

FLEVOでは、リキッドが入っているフレーバーカートリッジのみを交換式にして、バッテリー本体は充電式にすることで大幅なコストダウンに成功しました。

サイズもかなりコンパクトで、電子タバコ特有の面倒なメンテナンスを全て無くした画期的なカートリッジ式使い捨て電子タバコです。

FLEVOにはニコチン・タールは含まれる?

flevoの害について

FLEVOに使われているフレーバーリキッドには、タール・ニコチンなどの有害物質は一切含まれておりません。

FLEVOのリキッドは安心・安全の日本製リキッドを使用しています。

フレーバーリキッドに含まれる成分は、食品衛生法に準じた食品添加物以外は使用していないので、安心して吸うことができます。

また、FLEVOから発生するのは煙ではなく、リキッドが熱せられた水蒸気なので、車の中や部屋の中に臭いが付いたり、ヤニで黄色くなることもありません。

FLEVOのコスパ比較

初期費用1ヶ月の費用
FLEVO1,058円7,609円
タバコ500円13,500円

タバコとFLEVOの費用を比較すると、FLEVOは1ヶ月で約6,000円も節約することができます。

しかし、今はFLEVOよりコスパが高い電子タバコもあります!

[getpost id=”4367″]

FLEVOのフレーバーカートリッジ

flevoのフレーバー種類

FLEVOでは現在5種類のフレーバーカートリッジが販売されています。

FLEVOのフレーバーカートリッジは1箱5個入り1,598円で、1カートリッジで約240回(約タバコ1箱分)の吸引が可能です。

FLEVOの使い方

FLEVOの使い方はとても簡単で、通常の電子タバコの様にリキッドの補充・コイルの交換・アトマイザーの洗浄など、面倒なメンテナンスは一切必要ありません。

初めて電子タバコを吸う人でも、簡単に使うことができます。FLEVOは価格も安いので、お試し感覚で吸ってみたいという人にもおすすめです。

使い方はバッテリースィックとカートリッジを繋げるだけで吸うことができます。

flevoのバッテリーとカートリッジを接続

カートリッジにはリキッドが入っていて、1つで約240回吸引できます。

リキッドが無くなったら新しいカートリッジを取り付けるだけでまた吸うことができ、カートリッジはねじ式なので手で簡単に交換することができます。

吸うときは、バッテリースティックとカートリッジをつなげた状態で、カートリッジ側から吸引します。

自動スイッチ式なので、吸引する際にボタンを押したりすることはなく、吸っているときだけ自動的に電源が入りバッテリー先端のLEDライトが点灯します。

バッテリースティックの充電が無くなったら、専用のUSB充電器を使用して充電します。

flevoの充電方法

充電中は充電器のLEDライトが赤く光り、バッテリースティックの先端が青く光ります。

充電が完了するとアダプタのLEDライトが青く光り、バッテリースティックの先端は消灯します。

FLEVOの性能

スターターキット内容バッテリー×1
カートリッジ×2
充電アダプタ
サイズφ8.5×99.5mm
重さ14.3g
バッテリー容量140mAh
充電時間約1時間半
カートリッジ1箱5個入り
(1カートリッジ約240回)

1カートリッジ240回の吸引はタバコ約1箱分で、1カートリッジ約300円ですから格安です。

サイズはとてもコンパクトで、タバコより一回り大きいくらいのサイズです。

1回の充電で約1カートリッジ分吸うことが出来ます。

FLEVOを吸ってみて評価レビュー!

flevoのパッケージ

話題のカートリッジ交換式使い捨て電子タバコ、DMMが販売するFLEVOを実際に購入したので評価・レビューしていきたいと思います。

箱を開けると説明書・保障書・バッテリースティック・フレーバーカートリッジ×2・USB充電アダプタが入っていました。

flevoのスターターキット内容

元々バッテリーにセットされているロゴが青いカートリッジがメンソールで、別になっているロゴが白いカートリッジがタバコフレーバーです。

タバコとサイズの比較をしてみました。バッテリースティックにカートリッジを取り付けた状態でこのサイズです。

flevoとタバコのサイズ比較

普通のタバコより若干太く長いサイズですが、重さも軽いので違和感は全くなく、持ちにくさもありませんでした。

実際に持ってみましたが、指二本で挟んで持てるサイズ・重さです。

flevoを手に持つ

実際にメンソールを吸った感じは、タバコのメンソールに近い風味で、ただスースーすだけでなくタバコ独特の後味がある感じです。

タバコフレーバーの方は、最初吸ったときに「少し甘い?」と感じました。

2、3口吸っていると甘さ感じなくなってきますが、最初は「ん?」という感じでタバコの味を求めていると少し残念に思うかもしれません。

FLEVOのよくある質問

FLEVOに関するちょっとした疑問やQ&Aをまとめてみました。

FLEVOはニコチン・タールは含まれているの?

FLEVOにはニコチン・タールは一切含まれていません。国内産のリキッドを使用しております。

煙は発生する?

FLEVOから煙が発生することはありません。リキッドを熱して発生した水蒸気のみです。

対象年齢は何歳?

FLEVOの対象年齢は20歳以上です。

妊婦でも使用できるの?

妊婦や授乳中の方は利用を控えてください。

フレーバーの種類は?

現在FLEVOのフレーバーカートリッジは5種類の販売となっております。その他にも互換性のあるカートリッジをAmazonや楽天で購入することはできます。

FLEVOを最安値で購入する

FLEVOはAmazon、楽天、ヤフーショッピングなど大手通販サイトで購入することができます。

細かい価格変動はありますが、基本的に最安値で購入できるのはAmazonです!

しかし、実はFLEVOより安くて人気のカートリッジ式電子タバコがあるのご存知でしょうか?

その電子タバコというのが「充電式VITAFUL」です。

FLEVOと比べてVITAFULは1ヶ月で3000円以上コストを抑えることができます。

わたしはFLEVOとVITAFUL両方を使ってみた結果、コスパと味の良さから最終的にVITAFULを愛用しています。

2021年下期"人気"電子たばこランキングTOP

売れ筋ランキング1位

ターレスプラス / TARLESS PLUS

  • クラウドファンディングで電子タバコ部門2019年日本一の支援金を獲得した最新モデル
  • ユーザーの声をもとに作られた欲しい機能が全部揃った電子タバコ
  • 簡単操作&メンテナンスフリーで、たばこカプセルも利用して手軽にニコチン摂取もできる優れもの
おすすめ度

5

コスパ

4

デザイン

5

メンテナンス

4.5

5

Totalスコア:23.5/25

好きなリキッドで楽しめる「リキッド注入タイプ」でありながら、電子タバコ初心者でも直感的に扱えるシンプル設計です。2つのモードを搭載しており、たばこカプセル(プルームテック・シリーズ)互換機としても使えるため、ニコチン入りリキッドを使わなくてもニコチン摂取も可能な次世代型電子タバコです


売れ筋ランキング2位

ドクターべイプ / DR. VAPE

  • シリーズ累計販売数1,000万本超えのメガヒット商品。
  • レディガガの衣装デザインを手掛ける二コラ・フォルミケッティがプロデュースしたことで話題に。
  • ホスト界の帝王ローランドも愛用している人気のお手軽VAPE
おすすめ度

4.5

コスパ

4

デザイン

5

メンテナンス

5

4

Totalスコア:22.5/25

キャンペーン限定で初回55%OFF!もっとも手軽な電子タバコで、ボタン操作もなくカートリッジを装着したら吸うだけの簡単操作。手間になるカートリッジの購入も定期的に届けてくれるサービスあり。一度購入すると辞めるまで補償が続く脅威の保証システムも人気の秘訣です。


売れ筋ランキング3位

エミリミニプラス / EMILI MINI+

  • 国内で大人気のEMILIシリーズでもっとも人気のロングラン商品
  • デバイス2本付、専用ケース付の豪華スターターキット。
  • リキッド補充タイプの元祖で、上部からリキッドを注入する仕組みなので液漏れも少ないのがポイント。
おすすめ度

4

コスパ

5

デザイン

5

メンテナンス

3

3.5

Totalスコア:20.5/25

リキッド補充タイプなので何百、何千とある豊富なフレーバーから好きなものを選んで吸うことが出来ます。デザインもスタイリッシュでオシャレ、ボタン操作のない簡単操作も魅力の1つ。ただし、コイルの交換、アトマイザーの洗浄などの作業があるので、上記2つに比べるとメンテナンスが大変な印象


コメント

コメントする

目次
閉じる