電子タバコの基礎知識!|おすすめ電子タバコランキング

当サイト「ECIG -MATOME-(電子タバコまとめ.net)」では、わたしが実際に使用してきた数十種類以上の電子タバコのレビューや比較、おすすめの商品などを紹介しています。

ここでは主に、スリムでコンパクトタイプの使い方が簡単な電子タバコを詳しくレビューしています。

わたしが実際に使用したおすすめの電子タバコランキングもご紹介!

【オススメ電子タバコランキング】

スムースビップ

アロマで新感覚リラックス体験!
大手使い捨てライターメーカーが出す本気の電子タバコ!
CMやイベントでも話題!
格安のWEB限定セットも大人気!

充電式VITAFUL

安心の日本製電子タバコ!
日本製だから安心して使える!
ビタミン成分配合だから女性にもオススメ!
メンテナンスフリーだから簡単お手軽!

エミリミニプラス

ロングセラーの小型電子タバコ!
1ヶ月で12,000個の販売実績!
コンパクトでスタイリッシュな電子タバコ!
オシャレで使いやすいから初心者でも安心!

C-Tec DUO

ビタミン配合電子タバコ!
シリーズ累計販売数150,000本を突破!
フレーバーの種類も豊富!
使い捨てタイプのC-Tec STICKも大人気!

EFOS E1

大人気のIQOS互換機!
最大5本のチェーンスモークが可能!
温度切り替え機能でお好みの味で吸える!
3D加熱システムでメンテナンス楽々!

電子タバコとは|電子タバコの基礎知識

一般的に電子タバコと言われる商品の中でも、実は様々な種類があるのはご存知でしょうか?

中には勘違いをしてニコチン入りの電子タバコを吸っているなんてこともあるので、購入時にはしっかりと調べてから購入するようにしましょう。

一般的な電子タバコは、以下のようなものに分類されます。

電子タバコの主な分類
加熱式タバコ:タバコの葉を使用している電子タバコ(ニコチン・タールが含まれる)
リキッド式電子タバコ(VAPE):リキッドを蒸発させて吸引する電子タバコ(ニコチン・タールは含まれない)

リキッド式の電子タバコについて「ニコチン・タールは含まれない」としていますが、これは「日本国内で販売されているもの」に限定されます。

日本国内では、薬事法によりニコチン入りの電子タバコ(VAPE)やリキッドの販売は禁止されています。

しかし、海外ではニコチン入りのリキッドや電子タバコ(VAPE)も販売されていますので、海外サイトから購入するときは注意してください。

注意事項
海外や海外サイトではニコチン入りのリキッドも販売されています。
日本でも個人輸入で購入することは可能ですが、販売や譲渡は法律で禁止されています。

加熱式タバコとリキッド式電子タバコの違いについて、こちらでも詳しく解説しています。

また、リキッドの詳しい成分については、こちらで詳しく解説しています。

 

ここでは簡単に「加熱式タバコとリキッド式電子タバコ」に分類されると説明しましたが、電子タバコの基礎知識としては、もう少し細かく種類を分けて認識できるといいと思います。

とくにリキッド式電子タバコの中には様々なタイプがありますので、次はもう少し細かく種類を分けてご説明していきます。

電子タバコの主な種類と特徴

一般的に電子タバコと言われるものは、少し細かく分けると4種類に分類されます。

1種類は前述した加熱式タバコで、残り3種類はリキッド式電子タバコをさらに細かく分類した「リキッド注入式」「カートリッジ式」「使い捨て」の3種類になります。

これらの電子タバコの特徴や違いについて、詳しく解説していきます。

ポイント
電子タバコの主な4種類
加熱式タバコ リキッド注入式 カートリッジ式 使い捨てタイプ
タバコの葉を使用する 電子タバコ用のリキッドを使用する

加熱式タバコ|タバコスティックタイプ

加熱式タバコは、タバコの葉を使用する電子タバコなので、ニコチンや微量のタールが含まれています。

基本的にはタバコと同じという扱いなので、タバコ税が課せられ、法律で未成年の使用などが禁止されています。

加熱式タバコに使用するタバコスティックはタバコとほぼ同じ価格で、さらに本体が数千円〜一万円程度の費用がかかるため、合計の費用はタバコより負担が大きくなる傾向があります。

代表的な加熱式タバコ
IQOSPloomTECHglo・その他各互換機(EFOS E1iBuddy

リキッド注入式電子タバコ|補充タイプ

リキッド注入式は、アトマイザーというリキッドタンクに、自分で好きなフレーバーのリキッドを注入して使用するタイプの電子タバコです。

電子タバコの中でもコスパはトップクラスで、数百種類と販売されているリキッドの中から好みのフレーバーを楽しむことができるのがメリットです。

デメリットとしてはコイルの交換、アトマイザーの洗浄など、定期的なメンテナンスが必要になることです。

 

また、リキッド注入式でもコンパクトで使いやすいタイプと本格的なVAPEタイプがあり、本格的なVAPEタイプは専門的な知識が必要になるものもあります。

当サイトでは誰でも簡単に使えるタイプをメインにご紹介しています。

代表的なリキッド注入式電子タバコ

カートリッジ式電子タバコ|充電タイプ

カートリッジ式は、リキッド注入の代わりにリキッドの入ったカートリッジを交換するだけで使用でき、メンテナンスがほぼ要らない手軽な電子タバコです。

コスパはリキッド注入式より若干悪いくらいで、ものによってはリキッド注入式よりもコスパの良い商品もあります。

メンテナンスはバッテリーの充電をするだけなので、手軽に使えてコスパも良い電子タバコとしてとくに人気が高いタイプです。

代表的なカートリッジ式電子タバコ

使い捨て電子タバコ|使い捨てタイプ

使い捨てタイプは、その名の通りリキッドがなくなったら本体ごと使い捨て、一番簡単に使用できる電子タバコです。

リキッドの注入やカートリッジ交換、充電すら必要がない完全メンテナンスフリーですが、コイルやバッテリー部分も使い捨てるため経済的負担が大きくなります。

試しで電子タバコを吸ってみたいかたなど、短期間での使用ならとても手軽で便利な電子タバコです。

代表的な使い捨て電子タバコ

4種類の電子タバコの特徴をまとめると…

加熱式タバコ リキッド注入式 カートリッジ式 使い捨てタイプ
タバコの葉を使用 電子タバコ用リキッドを使用
ニコチン・タール 有り ニコチン・タール 無し
コスト
コスト
コスト
コスト
メンテナンス
メンテナンス
メンテナンス
メンテナンス

禁煙補助具として電子タバコを使用した事例と効果

いま電子タバコはタバコの代わりとして吸うだけでなく、リラックスやリフレッシュ目的、ファッション目的、美容目的、禁煙目的など様々な用途で使用されています。

その中でも注目されているのが「禁煙補助具」として電子タバコを使用する方法です。

電子タバコそのものに禁煙効果はありませんが、電子タバコを使用することで禁煙が楽になることがあります。

 

実際にイギリスでは電子タバコが禁煙補助具として認可され、病院で処方されることもあります。

電子タバコが禁煙補助具として認可されてからは、禁煙成功率が10%程度増加したという調査結果も出ています。

では、電子タバコを使用して禁煙する方法とは、どんな方法なのか詳しく解説していきます。

電子タバコを使用して禁煙した方法

電子タバコを使用して禁煙に成功した事例をご紹介します。

この禁煙方法は「ストレスが溜まる・イライラする・つい吸ってしまう」といった、従来の禁煙のイメージを覆す方法なので、禁煙をしたいと思っているあなたにぴったりの方法です。

それでは、電子タバコで禁煙に成功したAさんの禁煙成功事例をみていきましょう。

禁煙成功事例
禁煙に成功した30代のAさんは一日一箱ほどタバコを吸っていましたが、禁煙をスタートしてから2ヶ月後にはタバコを一日数本に、3ヶ月後には禁煙に成功し、その後1年間タバコは吸っていません。
禁煙成功に向けて使用した電子タバコはニコチンが摂取できるアイコスと、ニコチンが入っていない電子タバコエミリミニプラススムースビップです。

 

まずは、タバコから害が少ないとされているアイコスに変えて、家や車ではスムースビップを吸うようにしました。
アイコスは連続で吸うことができないので、一気に2本吸ってしまうことがなくなり、一日の吸う本数が減りました。
そして、家や車など家族といるときは副流煙が発生しないスムースビップを吸っていましたが、実際に「吸う」という行動ができるので、タバコが吸えないイライラは全くありませんでした。
そこから徐々に会社や飲み会などでもタバコのサイズに近いエミリミニプラスを吸うようにして、アイコスの吸う本数を減らしていきました。

 

結果は、ストレスやイライラなどほとんど感じることなく3ヶ月ほどで禁煙に成功しました。
禁煙に成功したことで、タバコ代としてかかっていた年間15万円ほどの費用が浮き、家族旅行や高級なレストラン、趣味の車も少し良いものが買えました。

長くなりましたが、このような禁煙成功事例は数多くあり、実際に電子タバコを使用した禁煙方法に注目が集まっています。

禁煙に成功するといことは経済的なメリットも大きく、Aさんのように旅行や良いお店に行ってみたり、趣味にお金を使うこともできます。

電子タバコを使用した禁煙は徐々にタバコを減らすことがポイントとなるので、成功事例を参考にして禁煙にチャレンジしましょう!

禁煙成功ポイント
  • 急にタバコをやめるのではなく、徐々に本数を減らすことを意識する
  • 電子タバコを積極的に吸って、物足りなさを感じたらタバコを吸う
  • タバコの本数が減ってきたら、浮いたお金を自分が楽しいと思うことに使ってみる

なぜ電子タバコで禁煙できるのか?

電子タバコで禁煙に成功するひとは多くいますが、なぜ電子タバコを使用することで禁煙成功率が上がるのか?

それは、タバコに依存してしまう原因と深い関係があります。

 

そもそも、タバコに依存してしまい禁煙できない原因として「ニコチン依存」「精神的依存」「心理的依存・習慣」などがあります。

ニコチン依存
ニコチンを摂取すると脳が快感を感じる物質を放出し、もう一度タバコを吸いたくなってしまう。
離脱症状(禁断症状)としては「イライラ・不安感・落ち着かない・集中できない」といった症状が現れます。
精神的依存
タバコを吸っている人を見て喫煙欲求が高まったり、タバコを吸ってスッキリした記憶などから我慢できなくなってしまう。
ニコチン依存などの離脱症状が起こっている状態です。
心理的依存・習慣
寝起きの一服、休憩時の一服、食後の一服など習慣化されている喫煙行動がやめられない状態です。
「口にくわえて吸う」という行動が習慣となっているためやめられなくなります。

このようにひとことにタバコの依存と言っても、様々な依存要因が重なることで禁煙が難しくなります。

タバコを急にやめるというのは、これらすべての依存を我慢しなくてはならないので、精神的負担が大きくなり禁煙に失敗するひとが多くなります。

 

しかし、電子タバコを使用して徐々に禁煙することで、無理なく1つずつ依存から解放させることができます。

1つずつ確実に依存から抜け出すことで、あなたも禁煙成功への道を歩んでいきましょう。

電子タバコで禁煙できる理由
ニコチン依存:タバコと電子タバコを両方吸うことでニコチン摂取量を徐々に減らすことができる。
精神的依存:喫煙欲求が高まったら電子タバコを吸うようにする。
心理的依存・習慣:習慣化している喫煙を電子タバコでカバーする。

電子タバコでリラックスやリフレッシュもできる?

いまや電子タバコは喫煙者のためのものではありません。

最近ではアロマに力を入れた電子タバコも販売されており、若い女性や非喫煙者のユーザーも急増しています。

電子タバコならではの手軽さを利用して、仕事の合間やちょっとした休憩タイムに電子タバコで手軽にアロマを楽しむことができます。

本格的なアロマは知識も必要で色々と道具を揃える必要がありますが、電子タバコのアロマならスターターキットを購入すればすぐに始められます。

リキッドを混ぜてオリジナルのアロマフレーバーを作るなんて楽しみ方も良いですよね♪

電子タバコは最先端の美容・お洒落グッズ?

いま電子タバコは最先端の美容・オシャレグッズとしても人気を高めています。

最近では女性向け雑記やイベントなどでも女性向けの電子タバコが話題となり、モデルや海外セレブもオシャレな電子タバコをインスタにアップしています。

女性向けの電子タバコは、リキッドにビタミン・カテキン・コラーゲン・ヒアルロン酸などの成分が配合されているものもあります。

さらに、スタイリッシュでラグジュアリーなデザインの電子タバコも販売されており、女性からの支持を集めています。

 

わたしがオススメする女性向けのオシャレな電子タバコです!

 

WEB限定!30%OFFの超特価で販売中!

テレビCMでも話題のスムースビップX2が、公式サイト限定のスターターセットなら30%OFFで買える!

特別価格のスターターセットなので、お一人様一点限りの限定商品です!

タバコを減らしたい、節約したい、アロマでリラックスしたい方におすすめです!