世界的ヒットとなっている電子タバコですが、日本でも通常の紙巻たばこから電子タバコへ乗り換える方が急増しています。

その中でも特に害が少なく人気が高い電子タバコが、JTが販売する「PloomTECH(プルームテック)」です。もう知っている方も多いと思いますが、プルームテックの詳しい仕組みや使い方についてまとめました。

→新型・旧型プルームテック比較

→新型プルームテック使用レビュー

→プルームテック専用ケース特集

プルームテックとは?

プルームテックとは日本たばこ産業(JT)が開発・製造・販売をする日本製の電子タバコです。

普通の電子タバコとは違い、ニコチンも摂取できるタイプの電子タバコです。火は使わないので煙や臭いは発生しません。

日本ではアイコスに次いで人気のある電子タバコで、アイコスよりもスリムでスタイリッシュなデザインです。アイコスとは違い1本吸いきりタイプでは無いので、好きな時に好きなだけ吸うことができます。

プルームテックの仕組み

プルームテックはたばこカプセル、カートリッジ、バッテリーの3つの部品からできています。カートリッジ内にはリキッドが入っています。リキッドが熱せられ発生した蒸気をたばこカプセルを通して吸引する仕組みです。

たばこカプセルにはたばこの葉が入っているので、ニコチンも一緒に摂取することができます。火は使っていないので煙・臭い・タールなどの有害物質は発生しません。

プルームテックの『害』について

プルームテックは火を使わない電子タバコなので、タールなどの有害物質は発生しません。もちろん煙や臭いも発生しないので害はかなり少ないです。

しかし、実際にたばこの葉は使われているのでニコチンは摂取できるようになっています。ニコチンには依存性があったり、赤ちゃんの体内に入ると深刻なダメージを与えたりします。プルームテック使用後はニコチンが口に付着している恐れがあります。赤ちゃんにキスをしたりする前に、うがいなどをしましょう。

害が全く無いわけでは無いので、妊婦赤ちゃんの前で吸ったりするのはやめましょう。また、基本的に禁煙場所での使用はできません。

プルームテックの使い方

まず、プルームテックを使うのに必要な物は以下のものになります。

IMG_1809blog-1024x683-1

プルームテックのスターターキットはネット通販や店頭で購入することができます。スターターキットにはプルームテックバッテリー・USBチャージャー・ACアダプター・キャリーケースがセットになっています。

たばこカプセルはコンビニやプルームテック取扱店・公式通販で購入することができます。1箱の中にたばこカプセル5本とカートリッジ1本が入っています。この一箱で一般的な紙タバコ20〜25本分になります。

 

①プルームテックバッテリーを充電する

プルームテックバッテリーをUSBチャージャーに差し込み、USBチャージャーをUSBポートへ差し込み充電開始です。充電中はUSBチャージャーが赤色に光ります。充電完了すると白い光に変わります。

 

②たばこカプセル・カートリッジ・プルームテックバッテリーを繋げる

20160225181013

たばこカプセルを差し込み、カートリッジとプルームテックバッテリーを回しながら繋げます。これで準備は完了です。

吸引している間だけバッテリーの先端が青く光ります。カプセルの交換時期になると先端のLEDが青く40秒間点滅します。バッテリーの充電時期になると先端のLEDが赤く点滅します。1本のたばこカプセルで約50回吸引できます。カートリッジは1本でたばこカプセル5本分吸うことができます。

プルームテック詳細スペック

バッテリー充電時間約1時間半
バッテリー使用限度たばこ1箱分(カプセル5本分)
カプセルの吸引回数1カプセル約50回
カートリッジ使用回数カプセル5本分
重さ約16g

たばこカプセル1本で約50回吸引できます。50回吸引は一般的な紙タバコ4〜5本分です。1箱でカプセル5本入っていますので、一般的な紙タバコ20〜25本分となります。

一回の充電で1箱分吸えるので、充電の手間が無くかなり使いやすいです。

新型プルームテックのコスパは?

他の電子タバコや加熱式タバコと比べると、プルームテックのコスパは良いのか?主要な電子タバコ類と比較してみました!

ここでの比較条件は「タバコ1箱410円・一日の平均本数18本」で検証しています。

 たばこPloomTECHgloiQOS
初期費用410円4,460円8,420円11,440円
1ヶ月11,070円13,936円19,340円23,400円
6ヶ月66,420円63,616円76,040円85,500円
12ヶ月132,840円123,232円144,080円160,020円

他の加熱式タバコと比べると、プルームテックが圧倒的に安く済みますね!通常のタバコと比べても、半年以上使用する場合プルームテックの方が安く済むことが分かります。

その他の電子タバコとコスパ比較もしてみました!電子タバココスパ比較表を参考にしてみてください!

→電子タバココスパランキング

プルームテックのフレーバー種類

現在プルームテックのフレーバー種類はメビウスの3種類となっています。コンビニや公式オンラインストアで購入することができて、1箱460円となっています。

たばこカプセルのデザインがリニューアルされました!新デザインのたばこカプセル情報まとめました!

→新たばこカプセル3種類吸い比べレビュー!

メビウス・レギュラー

メビウス・レギュラーは、たばこの葉の味わいを強く感じられるフレーバーです。メンソールが入っていないので、他のフレーバーに比べ、より強く感じます。吸った感じは一般的な紙タバコ5mmくらいの感じです。

メビウス・クーラー・グリーン

メビウス・クーラー・グリーンは、メンソールタイプのフレーバーになります。強いメンソールで爽快感が感じられます。メンソールが入っている分吸いやすいですが、たばこの感じは薄くなります。

メビウス・クーラー・パープル

メビウス・クーラー・パープルは、メンソールタイプのフレーバーですがその中にブルーベリーのような甘い味を感じられるフレーバーです。クーラーグリーンほどメンソールは強くありません。甘い味が好きな方や女性には吸いやすいフレーバーとなっています。

プルームテックのメリット・デメリット

メリット

iQOSみたいに一回一回充電が必要無いので、充電の手間が無くて良い。

デザインはよりスマートで、女性にはおすすめできる。

吸う準備や後処理が楽なので、気軽に吸える。

1本吸いきりタイプじゃないので、好きな時に好きなだけ吸える。

スターターキットが安いので気軽に買える。

デメリット

火を使わないので紙タバコより軽いのは仕方ないが、iQOSよりも吸った時のタバコ感が無い。

たばこカプセルの購入場所が限られている。

プルームテックはどこで購入できる?

現在、プルームテックは福岡と東京での店頭販売と、公式オンラインストアでの販売に限られています。公式ではまだまだ生産が追いつかず購入困難な状態が続いていますが、楽天での購入もできます。

また、公式では早い者勝ち状態でなかなか手に入らないので、プルームテックスターターキットがなくてもプルームテックが吸える「プルームテック互換バッテリー」も大人気です!

→Amazonで大人気のプルームテック互換バッテリー

売れ筋電子タバコランキング!

エミリミニプラス(EMILI MINI+)
・1ヶ月で12,000個の販売実績!
・リキッド12個無料プレゼント中!
・圧倒的人気を誇る電子タバコ!
・コンパクトでスリムなデザイン!
スムースビップ(SMOOTH VIP)
・WEB限定30%OFFで販売中!
・スターターセットが税込2,950円!
・送料無料でお買い得!
・大手使い捨てライターメーカーの電子タバコ!
充電式ビタフル -VITAFUL-
・ビタミン配合の日本製電子タバコ!
・ニコチン0・タール0・PGフリー!
・最高のコストパフォーマンス!
・ミストで新リフレッシュ体験!
C-Tec DUO(シーテック)
・手軽なカートリッジ式電子タバコ!
・コスパ最高クラス!
・ビタミン配合リキッド使用!
・女性ユーザーに大人気!
イーフォス (EFOS E1)
・連続使用可能なアイコス互換機!
・低価格で実用的な加熱式タバコ!
・温度切替機能搭載!
・メンテナンス楽々!
爆売れ電子タバコ!
爆売れ中の電子タバコ!

1ヶ月で12,000個の販売実績を誇る、最強の電子タバコ「EMILI MINI+(エミリミニプラス)」

タバコと比べ年間約12万円節約出来る、最高クラスのコストパフォーマンスを実現。

コンパクト・スタイリッシュなデザインで、男性からも女性からも高い評価を獲得!

今なら公式ショップ限定でリキッド12個無料プレゼント中!

ツイッターで最新情報お届け!

おすすめの記事