電子タバコの種類と特徴を解説!種類別オススメ電子タバコもご紹介!

電子タバコが注目され始めて、近年では様々な種類の電子タバコが販売されるようになりました。

その種類も多種多様化し、電子タバコに関する知識が少ない購入者にとっては少し難しい分野となっているのも事実です。

そこで今回は、ここで解説する全種類の使用経験があるわたしが、電子タバコの種類とその特徴を誰でも分かるように詳しく解説していきます。

電子タバコの種類と特徴を理解すれば、あなたに合った電子タバコがきっと見つかります!

目次

2種類に分類される電子タバコ

電子タバコは大きく分けて「加熱式タバコ」と「リキッド式電子タバコ」に分類されます。

この2種類は、使用方法・コスト・含まれる成分なども全く異なり、電子タバコを購入する際の基礎知識として必ず理解しておきましょう。

この2種類の電子タバコを簡単に説明すると、ニコチンが含まれているかいないか、といった違いがあります。

POINT

加熱式たばこ・・・ニコチンあり

リキッド式電子タバコ・・・ニコチンなし

加熱式タバコにはニコチン・タールが含まれているのでタバコと同じような扱いになり、喫煙者がタバコから加熱式タバコに替えるケースが目立ちます。

それに対してリキッド式電子タバコはニコチン・タールが含まれていないので、非喫煙者でも気軽に吸える電子タバコとして、アロマ効果やリラックス・リフレッシュ目的で使用されることも多いです。

薬事法により、日本で販売されているリキッド式電子タバコや詰め替えリキッドにはニコチンは含まれていませんが、海外や海外の通販サイトで販売されているリキッドなどにはニコチンが含まれているものもあります。→リキッドの成分について

加熱式タバコの特徴|おすすめ商品

加熱式タバコを一言であらわすと「火を使わないタバコ」です。

従来のタバコは、タバコの葉を燃やして煙と一緒にニコチンなどを吸引していますが、タバコの葉を燃やすことによって有害物質が含まれるタールも多く発生していました。

加熱式タバコでは、タバコの葉を燃やさずにバッテリーを電源としたヒーターで「加熱」することで、煙やタールの発生量を大幅に減らしています。

代表的な加熱式タバコとしては以下のような商品があります。

加熱式タバコのメリット

加熱式タバコには多くのメリットがあることから、近年はタバコから加熱式タバコへ乗り換える喫煙者も急増し、将来的にはタバコと加熱式タバコの利用者数が逆転する見通しです。

そんな加熱式タバコには以下のようなメリットがあげられます。

加熱式たばこのメリット

  • タールがほとんど発生せず紙巻タバコより害が少ない
  • 煙が出ないため(蒸気が発生する)周囲への影響が少ない
  • タバコによる火災の心配が少ない
  • ヤニによる歯や壁などの黄ばみがなくなる

リキッド式電子タバコの特徴|おすすめ商品

リキッド式電子タバコは「電子タバコ専用リキッド」を使用した電子タバコです。

バッテリーを電源としてコイルでリキッドを熱して蒸発させ、その水蒸気を吸引して楽しむ電子タバコです。

加熱式タバコと違いニコチン・タールが含まれておらずクリーンな電子タバコで、リキッドには香料が含まれており様々なフレーバー(香り)を楽しむことができます。

リキッド式電子タバコのメリット

リキッド式電子タバコには多くのメリットがあり、喫煙者だけでなく非喫煙者の利用者も急増しています。

リキッド式電子タバコには以下のようなメリットがあります。

リキッド式電子タバコのメリット

  • ニコチン・タールが含まれていないから安心して吸える
  • 黄ばみや臭いが無い
  • フレーバーの種類が多い
  • 手軽にアロマや香りを楽しめる

リキッド式電子タバコの種類

さらに、リキッド式電子タバコには大きく分けて「リキッド注入式」「カートリッジ式」「使い捨てタイプ」の3つの種類があり、種類ごとの特徴や違いについて解説していきます。

この3つの種類はコスト・使い方・手軽さなどの違いが大きく、電子タバコ購入時はどれを選ぶか決めておくことで最善の選択ができます。

リキッド注入式電子タバコ

リキッド注入式の電子タバコは、主にバッテリー・アトマイザー・コイル・チップの4つのパーツからできており、アトマイザーにリキッドを入れて使用するタイプの電子タバコです。

リキッドがなくなったら自分で補充し、アトマイザーやコイルは定期的な交換や洗浄などのメンテナンスが必要になります。

しかし、手間が多いぶん長期的な利用コストは低く、好きなフレーバーのリキッドを楽しめるといったメリットもあります。

また、リキッド注入式の電子タバコの中にも、手軽に使えるコンパクトなものと、知識が必要な本格的なもの(VAPE)までありますが、当サイトでは「手軽に使えるコンパクトタイプ」を中心にレビューしています。

カートリッジ式電子タバコ

カートリッジ式電子タバコは、主にバッテリー・カートリッジの2つのパーツからできています。

カートリッジにはコイルとリキッドが入っており、リキッドがなくなったらカートリッジを交換して使用するタイプの電子タバコです。

面倒なメンテナンスはほぼ必要なくカートリッジの交換とバッテリー充電だけで、手軽さとコスパのバランスが非常によく、とくに人気があります。

カートリッジには元々リキッドが入っているため、リキッド注入式より選べるフレーバーが少なくなるというデメリットもあります。

使い捨て電子タバコ

使い捨て電子タバコは、バッテリー・アトマイザー・コイルが全て一体化になっており、一番シンプルなデザインの電子タバコです。

本体にはリキッドが元々入っていますが、リキッドがなくなったら補充はできず、そのまま全て使い捨てになります。

メンテナンスフリーで一番手軽に使える電子タバコですが、使い捨てのためコスパが悪く長期的な利用コストが高くなります。

1本1,500円ほどで購入できるので、お試し感覚で使用するといった利用方法がオススメです。

まとめ|電子タバコの種類一覧表

今回の記事の内容をまとめると、電子タバコにはニコチン・タールが含まれているかいないかによって「加熱式タバコ」と「リキッド式電子タバコ」に分類され、リキッド式電子タバコには「リキッド注入式」「カートリッジ式」「使い捨てタイプ」の3種類があります。

以上の内容を見やすく表でまとめてみました。

加熱式タバコリキッド注入式
電子タバコ
カートリッジ式
電子タバコ
使い捨てタイプ
電子タバコ
吸い方たばこ葉で出来た
専用たばこスティック
電子タバコ用の
Eリキッドを使用
電子タバコ用の
Eリキッドを使用
電子タバコ用の
Eリキッドを使用
ニコチン・タールニコチンあり
タールほぼなし
ニコチンなし
タールなし
ニコチンなし
タールなし
ニコチンなし
タールなし
コスト★☆☆☆☆★★★★★★★★★☆★★☆☆☆
メンテナンス★★☆☆☆★★★☆☆★★★★☆★★★★★

ひとことに電子タバコと言っても、様々な種類があることがわかりますね。

ニコチンが入っているものがいいのか、手軽なのがいいのか、コスパが高いものがいいのか、購入前にあなたに合う電子タバコを選ぶことが重要です。

正しい知識でお気に入りの電子タバコを見つけましょう!

コメント

コメントする

目次
閉じる