ビタフルの充電式と使い捨てを比較!味・性能・コスパの違いは?

ビタフルには充電式と使い捨ての2種類のタイプが販売されており、実際にどっちを購入するか迷ってしまいますよね。

でも安心してください!

ビタフルの充電式と使い捨ての両方を実際に使って、徹底的に比較しながら評価レビューしてみました!

早速、ビタフルの充電式と使い捨ての違いを詳しくみていきましょう。

目次

ビタフルの充電式と使い捨ての性能比較

充電式使い捨て
価格1,598円1,058円
長さ120mm120mm
フレーバー4種類10種類
吸引回数約500回
1カートリッジ
約500回
1本
メンテナンスカートリッジ交換
充電
なし

充電式のスターターキットは1,598円ですが、スターターキットを一回買ってしまえば、あとは5個入り1,598円のカートリッジのみを購入すれば良いので、コスパは圧倒的に高いです。

使い捨てタイプのビタフルは、新しいカフェイン入りフレーバーが発売されたので、全10種類のフレーバー展開で、さらに季節によって限定フレーバーも登場します。

充電式ビタフルはまだ4種類のフレーバー展開ですが、今後のフレーバー展開に期待できそうです。

ビタフルの充電式と使い捨てのコスパ比較

充電式使い捨て
初期費用1,598円1,058円
1ヶ月の費用4,410円11,426円

使い捨てタイプのビタフルは、カートリッジ式と比較してしまうと高いようにみえてしまいますが、使い捨てタイプの中ではトップクラスのコスパを誇ります。

また、充電式ビタフルの年間費用は紙タバコと比べても低く、手軽に使えてコスパも高く、まさに「いいとこ取り」の電子タバコです。

ビタフルの充電式と使い捨ての比較レビュー

ここからは、使い捨てビタフルと充電式ビタフルを実際に使用して比較レビューしていきます。

ビタフル充電式と使い捨てのサイズ比較

左が使い捨てタイプのビタフルで、右が充電式のビタフルです。

サイズは最初に紹介した表の通り、長さは同じで太さの違いもほぼあありません。

写真左は使い捨てタイプのメンソールミント、右は充電式のメンソールミントのフレーバーです。

ビタフル充電式と使い捨ての吸い口

使い捨てタイプはフレーバーによって本体のカラーが変わりますが、充電式はフレーバーによってカートリッジの吸い口部分のカラーが変わります。

ちなみに、充電式の本体カラーはホワイトのみとなっています。

本体の質感やロゴデザイン、バッテリー先端のLED部分のデザインは、使い捨てタイプも充電式も同じです。

ビタフル充電式と使い捨てのロゴ

わたしの場合、購入したときは先端にシリコンのカバーのようなものが付いていましたが、このカバーを外すときに先端の黒い部品も一緒に取れてしまうものがありましたが、はめ直せば使用する上で問題はありませんでした。

吸引中はバッテリー先端のLEDライトが光ります。

使い捨てタイプも充電式も白色LEDライトに変更されています。

LEDライトはゆっくりと点灯・消灯するようになっており、細部までこだわって作っているのがわかります。

味と吸い心地の違いについて、今回は使い捨てと充電式のそれぞれ「メンソールミント」と「マスカットメンソール」を吸って比較してみました。

ビタフル充電式と使い捨ての味の比較

まずは「使い捨てタイプと充電式で味の違いはあるのか?」という疑問について、同じフレーバーを同時に吸い比べても味の違いは感じられなかったです。

使い捨てタイプも充電式も同じリキッドを使用して作られているのかもしれないですね。

吸い心地に関して、ドロー(吸った時の抵抗感・重さ)は使い捨てタイプのほうが少し重く感じます。

使い捨てタイプは物によってドローにバラつきがありましたが、基本的に充電式のほうがドローは軽かったです。

しかし、気になる程の違いはありません。

また、吸ったときの煙(水蒸気)の量は、使い捨てタイプも充電式も変わりはありませんでした。

それぞれのメリットとデメリット

使い捨てタイプのビタフルと、充電式のビタフルのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット・デメリットを考えると、それぞれどんな人におすすめなのかわかってきました。

使い捨てタイプのメリット・デメリット

まずは使い捨てタイプのメリット・デメリットです。

→ビタフル使い捨てタイプの詳しい記事はこちら

メリット
  • メンテナンスフリーだから手軽に吸うことができる
  • 充電切れの心配がない
  • フレーバー数が多いので、色々試してみることができる
  • 電子タバコを吸ったことがなくても、お試し感覚で1本購入して吸ってみることができる
デメリット
  • 長期でみるとコストがかかる
  • バッテリーごと捨てるので環境に良くない

充電式のメリット・デメリット

次に充電式ビタフルのメリット・デメリットです。

→ビタフル充電式の詳しい記事はこちら

メリット
  • 電子タバコの中でもコスパが高い
  • カートリッジ交換式だからメンテナンスがほぼ必要ない(カートリッジ交換と充電のみ)
  • カートリッジ1箱5個入りだから、色々なフレーバーをシェアして使うことができる
  • バッテリーは使い捨てしないので環境にやさしい
デメリット
  • 充電が切れると吸えなくなる
  • 充電器が壊れたとき、充電器のみ単品購入できない
  • 使い捨てタイプに比べてフレーバー種類が少ない

まとめ

今回はビタフルの使い捨てタイプと充電式を比較してみましたが、どちらも素晴らしい性能とコスパでした。

コスト面を考えるなら充電式が圧倒的におすすめですが、フレーバーの種類は使い捨てタイプと比べて少ないのが難点ですね。

味に関しては使い捨てタイプも充電式も変わりはないので、使い勝手・コスト・吸いたいフレーバーの種類でどちらを選ぶか決めると良いと思います。

今回ビタフルを比較してみてひとつ言えるのは、どちらも魅力的な電子タバコなのでおすすめです。

2021年下期"人気"電子たばこランキングTOP

売れ筋ランキング1位

ターレスプラス / TARLESS PLUS

  • クラウドファンディングで電子タバコ部門2019年日本一の支援金を獲得した最新モデル
  • ユーザーの声をもとに作られた欲しい機能が全部揃った電子タバコ
  • 簡単操作&メンテナンスフリーで、たばこカプセルも利用して手軽にニコチン摂取もできる優れもの
おすすめ度

5

コスパ

4

デザイン

5

メンテナンス

4.5

5

Totalスコア:23.5/25

好きなリキッドで楽しめる「リキッド注入タイプ」でありながら、電子タバコ初心者でも直感的に扱えるシンプル設計です。2つのモードを搭載しており、たばこカプセル(プルームテック・シリーズ)互換機としても使えるため、ニコチン入りリキッドを使わなくてもニコチン摂取も可能な次世代型電子タバコです


売れ筋ランキング2位

ドクターべイプ / DR. VAPE

  • シリーズ累計販売数1,000万本超えのメガヒット商品。
  • レディガガの衣装デザインを手掛ける二コラ・フォルミケッティがプロデュースしたことで話題に。
  • ホスト界の帝王ローランドも愛用している人気のお手軽VAPE
おすすめ度

4.5

コスパ

4

デザイン

5

メンテナンス

5

4

Totalスコア:22.5/25

キャンペーン限定で初回55%OFF!もっとも手軽な電子タバコで、ボタン操作もなくカートリッジを装着したら吸うだけの簡単操作。手間になるカートリッジの購入も定期的に届けてくれるサービスあり。一度購入すると辞めるまで補償が続く脅威の保証システムも人気の秘訣です。


売れ筋ランキング3位

エミリミニプラス / EMILI MINI+

  • 国内で大人気のEMILIシリーズでもっとも人気のロングラン商品
  • デバイス2本付、専用ケース付の豪華スターターキット。
  • リキッド補充タイプの元祖で、上部からリキッドを注入する仕組みなので液漏れも少ないのがポイント。
おすすめ度

4

コスパ

5

デザイン

5

メンテナンス

3

3.5

Totalスコア:20.5/25

リキッド補充タイプなので何百、何千とある豊富なフレーバーから好きなものを選んで吸うことが出来ます。デザインもスタイリッシュでオシャレ、ボタン操作のない簡単操作も魅力の1つ。ただし、コイルの交換、アトマイザーの洗浄などの作業があるので、上記2つに比べるとメンテナンスが大変な印象


コメント

コメントする

目次
閉じる